食器や調理器具でキッチンを北欧風にコーディネートする

テーブルウエア

毎日の暮らしの中で、忙しさを一番感じる場所であり、一番多くの時間を過ごす場所がキッチンです。生活感の出やすいキッチンを北欧風に見せるためにはいくつかのポイントがあります。それらをしっかり踏まえて、北欧のような清潔感のあるキッチンへコーディネートしてください。

北欧食器を取り入れて北欧らしい食卓をつくる

食器を同系色のサイズ違いで揃える

長らく続く北欧ブームによって北欧風の食器が手軽に購入できるようになりました。
食器は自分のこだわりを手軽に暮らしに取り入れられ、また食卓を特別な時間を感じることができる場所にしてくれます。

北欧のキッチンのように清潔感がある雰囲気にみせるためには、食器のカラーリングを統一させることが重要です。この統一感がポイントで、煩雑で整理されていないと期待するような北欧の雰囲気を出すことができません。
また、生活感も空間の印象に大きく影響してきます。必要最低限の食器や調理器具に絞ってカラーリングを統一し、サイズ違いでまとめると整理されたような視覚効果が狙えます。
これは北欧風キッチンコーディネートの基本となる考え方なので、しっかりと食器選びをすることが重要です。さらにブランドを統一させるとより効果的です。

北欧らしさといえば華やかなデザインをイメージしますが、もし悩んでしまったときは、どんな料理も映える「白」を選びましょう。その場合は、テーブルクロスやランチョンマット、トレーなどに北欧柄を使うことで、比較的かんたんに北欧風の演出ができます。

華やかな模様の食器にトライできそうなら、プレートと深さのあるボウルタイプの食器(陶器)を用意しましょう。プレートは朝食やランチプレートにぴったりで、1人用なら20cm程度がおすすめです。
少し大き目なプレートを用意すればディナーのシェア用のプレートにもなり便利です。もちろん、可能であればサイズを豊富に用意しておくと重宝します。
ボールは特に万能です。サラダやスープ、シリアルやフルーツなどを入れる普段使いの食器としてはもちろん、ホームパーティー用にも使えるので、おもてなしの席でおしゃれな北欧風を演出できます。

清潔感のある白木やガラスでまとめる

続いての北欧風キッチンコーディネートのポイントは、天然素材の使い方やガラスによる演出方法です。
北欧インテリアの特徴として、自然の素材を上手く取り入れるポイントがありますが、キッチンにも同じ方法が通用します。木材が効果的ですが、特に白木は北欧の雰囲気を生み出すのにピッタリの素材です。
インテリアのベースとなる白基調の壁紙やキッチンにあわせやすく、まるで北欧のカフェのような雰囲気を演出することができます。

さらにガラスの使い方でも北欧風にすることが可能です。
ステンドグラス風のカラフルなアロマグラスにろうそくを灯して飾り付ければ、幻想的な北欧っぽい雰囲気を表現できます。このような素材をバランスよく使い分けてキッチンをコーディネートすると効果抜群です。

007-2016-0502-5

出典:www.instagram.com(@miho1980)

調理器具を壁や窓辺につるす

最後に紹介するのは、調理器具を活用する方法です。キッチンの壁や窓辺に複数のフックを取り付けて、そこに調理器具をつるすだけ。
これだけでも雰囲気づくりにはかなり効果があります。
ステンレス製の道具でも構いませんが、木目が強調された北欧ブランドの器具を揃えて並べてつるした方が効果があります。
また、北欧テイストの図柄が入ったクロスを壁に飾って、そこにつるすとより効果的です。

北欧には有名な陶器メーカーが多数あり、日本にも多く北欧食器が輸入されています。
ビンテージが出回るくらいですから、長い年月を経ても使い続けられる良質の食器です。
日常に北欧風のインテリアを取り入れるのに一番入りやすいアイテムなので、基本となるポイントを意識しながらバランス良くコーディネートして、キッチンを北欧風にみせるための第一歩を踏み出しましょう。

キッチンコーディネート食器

テーブルウエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA