北欧スタイルのひとつ、スウェーデンのコーヒー文化「フィーカ」

コーヒーイメージ

北欧スタイルのインテリアなどが好きな人の中には「フィーカ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。フィーカはスウェーデンのコーヒー文化のことを言います。スウェーデンの人たちはコーヒーが大好きで、家庭や職場でコーヒーを楽しむ習慣があります。

生活を大切にする文化が生んだ「フィーカ」

Fika(フィーカ)って何?

Fika(フィーカ)とはスウェーデン語の動詞または名詞で、コーヒーを楽しむことを意味します。
とてもポピュラーな単語でスウェーデン人は1日に最低でも3回は口にする言葉だと言われています。このためスウェーデンに来た外国人が最初に覚える単語の1つでもあります。
Fika(フィーカ)は現在ではスウェーデン以外の北欧諸国にも広まっており、フィンランドのコーヒーの消費量は世界ナンバーワンです。
北欧の人たちは家でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。北欧スタイルのインテリアは居心地がよくて長い時間すごしたくなるようなものが多く、北欧の人たちが生活を大切にしていることが伝わってきます。
そんなライフスタイルがFika(フィーカ)を生み出したのでしょう。

学校でも職場でもコーヒー休憩

学校でも職場でもコーヒー休憩を楽しむのが北欧スタイルです。公務員のようなお固いと思われる職場でもフィーカの時間には同僚などとコミュニケーションしながら一息つくのが日常の光景です。
また、街中のあちこちにカフェがあります。このためいつでも気軽にコーヒータイムを楽しめます。春から夏の日の長い時期はオープンテラスで友人とおしゃべりを楽しむ人も多く見られます。
もちろん家庭でもフィーカは欠かせません。特に寒くて夜の長い冬はコーヒーで暖まりながらその日にあった出来事を話し合うと、家族の絆が深まるでしょう。
このようにフィーカは北欧では単にコーヒーを飲むだけでなく、コミュニケーションの場としても欠かせないのです。

スウェーデンのコーヒー文化、Fika(フィーカ)

出典:www.afpbb.com

スウェーデンのコーヒー文化、Fika(フィーカ)

出典:www.afpbb.com

コーヒーのお供には定番のシナモンロール

フィーカの時はコーヒーを飲むだけではありません。甘いお菓子が付いてくることが多いです。
なかでも一番の人気はシナモンロールです。シナモンロールはスウェーデンが発祥の地と言われています。小麦粉を練って作り、表面にシナモンや砂糖がふんだんに振りかけられているのが特徴です。中にレーズンが入っていることもあります。大きさは直径5センチから10センチ程度で、小腹が空いた時にもぴったりです。
シナモンロールは日本でも洋菓子店などで売られています。時には家でゆったりとコーヒーを楽しみながら、シナモンロールを味わって北欧スタイルの生活を真似てみるのも良いかもしれません。

最高品質を味わえる北欧ノルウェーのコーヒー

2016.07.29

ホッと一息。北欧風コーディネートでひとりおうちカフェを満喫

2016.07.16

スウェーデン

コーヒーイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA