最高品質を味わえる北欧ノルウェーのコーヒー

コーヒー

北欧といえば北欧家具などのおしゃれなイメージを連想させる方が多いと思いますが、その中でも特にノルウェーは、コーヒー大国だということをご存知でしたでしょうか。今回は、最高品質を味わえる北欧ノルウェーコーヒーの秘密をご紹介します。

ノルウェーはみんながコーヒー大好きなコーヒー大国

最高品質のコーヒーが味わえる国

北欧ノルウェーはコーヒー大国。成人が1日に飲むコーヒーは平均3~4杯であるとも言われています。
そんなコーヒー大好きなノルウェーにおいて、1990年頃から味や品質にこだわったコーヒーを提供するスタイルに注目が浴びるようになったのも自然な流れかもしれません。
ノルウェーのカフェでは、上質の豆を手に入れ、それを一般的な価格で提供しています。
「本当に美味しいコーヒーを味わってもらいたい」という思いが強いからこそ、良いものを求めやすい価格で提供できているのではないでしょうか。
また、経済事情により昔に比べて上質な豆を手に入れやすくなったため、市場の味や品質が全体的に向上し、ノルウェーは最高品質のコーヒーが味わえる国へと成長していったのです。

寒くて暗い雪国で、コーヒーは文化であり必需品

マイナス15度を超える厳しい寒さも続く雪国であるノルウェー。
街中にカフェが多いのも、寒い時に気兼ねなく立ち寄り、温かいコーヒーを飲むためです。
また登山好きが多いノルウェー人は山頂でもコーヒーを飲みます。
皆が口を揃えて空気が綺麗な山頂で飲む温かい一杯は格別だと言います。
これほどコーヒーが浸透した理由はどこにあるのでしょうか。いろいろと説は考えられますが、寒い体を温めるためだったり、昔アルコール飲料が禁止されていた時期があり普及のきっかけになったとも言われています。
こういった背景をきっかけに、仕事中、一休みするとき、ちょっと友人と話したいときなど、ノルウェー人にとって、どんなときにもかかせない存在となったコーヒー。
物価の高い国ではあるものの、コーヒー豆は手に入りやすい価格となっており、生活にかかせない存在となっていいます。

2016-0729-003

出典:latte.la

2016-0729-004

出典:letronc-m.com

世界バリスタチャンピオンを続々と輩出

「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」という世界大会を創設したのもノルウェーです。
2000年にはじまり、毎年開催されているのですが、この大会で多くのチャンピオンや上位入賞者を輩出しているのもノルウェーなのです。
こういった知識や経験を兼ね備えたバリスタが多いのも、ノルウェーにコーヒーが普及し、愛されている理由の一つかもしれません。
有名なバリスタが経営するカフェは大人気です。
また、それ以外のカフェのクオリティも全体的に高いので、国内外からバリスタの腕を上げるために修行に来る人もたくさんいます。
ノルウェーでは一般のお客もコーヒーが大好きで口が肥えているので、バリスタもより美味しいものを提供するために日々修行を重ねる必要があります。
そうしてクオリティが底上げされているのではないでしょうか。

北欧スタイルのひとつ、スウェーデンのコーヒー文化「フィーカ」

2016.08.03

ホッと一息。北欧風コーディネートでひとりおうちカフェを満喫

2016.07.16
コーヒー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA