北欧のテキスタイルをインテリアに取り入れるコツ

カフェ風カーテン

室内のインテリアや雑貨に興味を持ち、自分好みの部屋にして過ごしたいと考えている女性は多いと思います。北欧デザインのテキスタイルも人気なので日常に取り入れてみましょう。

好みに合わせて選べるテキスタイル

落ち着いた空間づくりにはボタニカルモチーフのテキスタイル

最近は北欧のテキスタイルが人気となっていますが、どういうものかわからないという人もいますよね。テキスタイルとは織物やその原料のことで、広義となると糸から生地まで含めることもあります。一般的には、カーテンやクロス、クッション、バッグ、キッチンタオルなどの布製品をさすものと考えればいいでしょう。ブームが続く北欧風の中でも特に有名なのがボタニカルモチーフでしょう。ボタニクルとは植物のことで、どちらかといえば鮮やかな花よりも木の葉や茎、木の実、草花など落ち着いた柄をさすことが多くなっています。ボタニカルモチーフを室内の装飾に取り入れると、ナチュラルでありながら落ち着いた空間づくりができます。

ボタニカル柄のカーテンの部屋

出典: www.nytimes.com

ビンテージ生地で作ったコースター

出典: www.instagram.com(@itoyui_yuu)

大人のキュートさならアニマルモチーフのテキスタイル

室内のインテリアとして重要なポイントなのがカーテンやベッドカバー、クロス類などの布製品です。面積が広いこれらのポイントをおくと、部屋が素敵なものになるでしょう。

キュートさや可愛らしさを演出したいときにはアニマルモチーフのテキスタイルがおすすめです。なかでも、寒い時期が長く家の中に籠もる時期が長いという風土から、北欧雑貨にはポップで明るい印象のデザインがそろっています。暮らしに根付いた伝統的なデザインだからこそ、子どもっぽくなりがちな丸モチーフなどのデザインでも、おしゃれな大人の女性にあうキュートさを演出してくれます。カーテンやベッドカバーに使用すると、パッと室内の印象が明るくなるでしょう。

出典: www.instagram.com(@finlayson_est.1820)

リサラーソンのキッチンタオル

出典: www.instagram.com(@sachimamama37)

動物柄のクッション

ポップで楽しげな食べ物モチーフのテキスタイル

大人っぽいナチュラルさはボタニカルで、かわいくキュートな印象にしたいのならアニマルモチーフがおすすめです。では、ポップでカラフル、楽しげな柄というのはどういったものでしょうか。答えは食べ物モチーフです。最近話題になっているので見たことがある人も多いでしょう。食べ物モチーフの使いどころは、やはりテーブルクロスやナプキン、タオルなど、キッチン周りの雑貨にぴったりです。食べ物といっても海外のおしゃれなスイーツなどが多く、ポップな印象でありながら大人びた雰囲気もあって思いのほか使いやすいです。テーブルウェアとして利用すれば、食事中の会話も弾んでくれるでしょう。

アルメダールスのキッチンタオル

出典: www.instagram.com(@mym7.7)

アルメダールスのキッチンタオル アルメダールスのキッチンタオル

 

ショッピングコーナー

キッチンタオル【almedahls/アルメダールス】

アルメダールスのロゴ

北欧風のキッチンコーディネートには欠かせないキッチンタオル。カラフルな色使いやモダンなモノトーンの配色、かわいらしいパネル柄や馴染みやすいパターン柄など色柄を豊富に取り揃えました。

北欧雑貨の店ケリケリ365よりご購入できます
 icon-check-circleキッチンタオル(各種)
各1,850円(税込1,998円)
・生産国/チュニジア製 ・材質/リネン55%、コットン45%
・サイズ/横:47cm、縦:70cm

商品の詳細ページはこちら
kerikeri365ショップのバナー

コーディネートファブリック

カフェ風カーテン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA