北欧スタイルの部屋に置きたいデザイナーズアイテム【リビング編】

2016-0610

北欧風のインテリアには人気のデザイナーによりアイテムがたくさんあります。洗練されたデザインの小物は、1つ置くだけで部屋の雰囲気をがらりと北欧風に変えてくれます。ただ、北欧スタイルのインテリアといっても選択肢は北欧ブランドだけではありません。自分の好みと部屋の雰囲気にマッチするデザイナーの作品を見つけて飾ってみてください。

デザイナーの個性が際立つ北欧スタイルのインテリア小物

カイ・ボイスンの木製フィギュア

カイ・ボイスンはデンマークのデザイナーです。1958年に亡くなるまでの間に時代を超えた優れたデザインの作品を発表し続けました。デンマーク王室御用達デザイナーにも選ばれています。特にカトラリーが有名ですが、可愛らしい木製のフィギュアも制作しており、こちらも長く愛されています。

有名なサル型の木製フィギュアモンキーは1951年に発表されました。手や足、首など9箇所を360度稼働できるようになっており、自分の好きなポーズを取らせることができます。丸みを帯びたデザインなので暖かみのある雰囲気です。こちらのフィギュアはもともと、大人用のハンガーにかけて使うことで子どもが服を取りやすくする目的でつくられました。このため手や足はフックに引っ掛けることができます。子どものおもちゃにも良いですが、キッチンや玄関などフックのあるところにかけるとインテリアとして活躍してくれます。

カイ・ボイスンの木製フィギュア

出典:www.instagram.com(@basicstateofmind)

カイ・ボイスンの木製フィギュア

出典:www.instagram.com(@tomota355)

オイヴァ・トイッカのバードオブジェ

オイヴァ・トイッカはフィンランドのガラスデザイナーです。イッタラ社から発売されているバードオブジェが特に有名です。バードオブジェは1973年に発表されました。それ以来毎年新作が発表されており、400百種類以上のオブジェが世に出されていて、熱心なコレクターも存在します。オブジェはすべて2世紀以上続くイッタラ社の工場で制作されています。高度なガラス技法を用いて職人が1点1点手づくりされています。鮮やかな色合いのもの、透明なものなど様々なデザインのオブジェがあるので、部屋にしっくり合うものを探して飾ってみると良いでしょう。オブジェのサイズはそれほど大きくないので、気軽に取り入れることができます。

オイヴァ・トイッカのバードオブジェ

出典:www.instagram.com(@lalerip)

オイヴァ・トイッカのバードオブジェ

出典:www.instagram.com(@stst0919)

オイヴァ・トイッカのバードオブジェ

出典:www.instagram.com(@wacodays)

イイノナホのペーパーウエイト

イイノナホは日本人のデザイナーです。武蔵野美術大学を卒業後、1997年から創作活動を行っています。2007年にガラス工房を開設して以来、ガラスの作品を数多く発表しています。代表作はペーパーウエイトです。ガラス製のペーパーウエイトは透明なたまご型をしており、中にはクローバーや泡などが入れられています。丸みを帯びた形をしており手によく馴染みます。シンプルでナチュラルなデザインなので北欧テイストが感じられるため、北欧インテリアを好む人たちの間でも人気があります。サイズが比較的小さいのでインテリアに取り入れやすいのも魅力です。リビングや寝室などに置けば手軽に部屋の雰囲気を北欧風にできます。

イイノナホのペーパーウエイト

出典:klala.net

イイノナホのペーパーウエイト

出典:www.instagram.com(@eriyo33)

イイノナホのペーパーウエイト

出典:www.instagram.com(@eu_osaka)

 

コーディネート北欧のブランド

2016-0610

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA