ベッドルームを北欧風にコーディネートする際のカラーリング

ベッドルーム

少し前から日本でも「北欧風」を意味するノルディックという語が持てはやされ、ファッションやインテリア、住居においてもアツい視線が寄せられています。リビングやキッチンなど人目につくお部屋に注目が集まりますが、暮らしの中ではベッドルームも大切な場所です。今回はカラーリングをテーマに北欧風のベッドルームをつくる際のインテリアコーディネートについて考えていきます。

くつろぎの部屋の色づかい

ベッドまわりは落ち着いたモノトーンでまとめる

毎日の疲れを癒してくれる大切な睡眠時間。ベッドルームに足を踏み入れるだけでホッとするという方もいらっしゃると思います。8時間の睡眠であれば、一日の3分の1をベッドルームで過ごしていることになり、ベッドルームの重要性が分かります。

リラクゼーション効果を高めるためには白や黒といった落ち着いた色を選ぶとよいでしょう。白は清潔感や解放感を与え、黒は心を落ち着ける効果があると言われています。色をまとめることで一気にオシャレ度も上がり、高級感の漂うベッドルームとなるでしょう。男性にも女性にもマッチする部屋ができあがります。家具や雑貨を選ぶ際にも、カラーの方向性が決まっていれば頭を抱えることも少なくなります。

ベッドまわりは落ち着いたモノトーン

出典:oraclefox.com

収納グッズは壁やベッドになじむカラーを選ぶ

ベッドルームはスッキリさせておきたい方が多いと思いますが、忙しい朝にバタバタと身支度を済ませたり、一日の終わりには疲れからすぐに眠ってしまうことだってあるかもしれません。いざ片付けようと腕まくりをしたのはいいものの、あちらに本を並べてみたり、こちらにタオルを積み重ねたりしているうちに「結局スッキリできていない!」という雄叫びが聞こえてくるようです。

それならばと収納グッズを買いに出かけようとしているあなた、ちょっとお待ちください。収納力はもちろんのことながら、デザインやカラーバランスも考えているでしょうか?ベッドルームの雰囲気に収納グッズを買ってしまうと、周りはスッキリと片付くかもしれませんが、反対にその収納エリアばかりが目立ってしまうことでしょう。これでは収納の意味がありませんよね。「収納グッズはあくまで控えめに」を頭に入れておきましょう。

 

時計は白やナチュラルカラーでシンプルに

あなたが北欧と聞いてイメージするのは何色でしょう。白や黒の効果には先ほど触れましたが、実は自然を取り入れたカラーも北欧の魅力です。決して派手ではなく、柔らかい温もりを演出する北欧の文化は、自然を大切にする日本人に相通じるものがあるのかもしれません。

お部屋で生活するにあたってよく目にするもののひとつに時計があげられますが、これもお部屋のイメージをつくる上での大きなポイントになります。北欧風のベッドルームを完璧なものにするためにはシンプルであることが肝心でしょう。モノトーンの壁に白い時計はスタイリッシュな空間を引き締め、白い壁にウッドカラーの時計はナチュラルで優しい空間を演出してくれることでしょう。

北欧風のベッドルームに置きたい小物の人気ブランド

2016.06.02

北欧スタイルのベッドルームで快適に過ごす部屋のコーディネート術

2016.05.28

コーディネート北欧風ベッドルーム

ベッドルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA